部分ウィッグも

部分ウィッグ医療用のウィッグというと、多くの場合抗ガン剤による抜け毛をカバーするために利用されることが多いようですが、加齢による部分ウィッグも医療用のウィッグを利用した方が、価格的にも安く高い技術のウィッグがたくさんあります。
大手おしゃれウィッグメーカーでは、加齢による分け目部分のウィッグや、つむじ部分のウィッグなど30万円をくだらないものもたくさんあります。

その点医療用ウィッグの場合は10万以内でも、いろいろなタイプが選べます。
もちろん医療用ウィッグメーカーによって種類の多い、少ないはありますが、多いメーカーではさまざまな部分ウィッグを扱っているところもあるので、上手に利用すると割安でぴったりの部分ウィッグを手に入れることができるはずです。

購入前にメーカーのサロンに行って試着することをオススメしますが、最近では通販でも試着してから購入出来るところがありますので、活用してみると便利です。やはり実際につけてみると意外とイメージと違ってしまうこともあります。実際につけてみると思いもしなかったデザインが、ぴったりだったりすることも。特に部分ウィッグは想像とはまったくイメージが違うので、試着してから購入するようにしましょう。

医療用のデザイン

医療用ウィッグ
画像出典 – 医療用ウィッグ|ライツフォル

最近は医療ウィッグといっても、おしゃれウィッグとまったく変わらない、いろいろなデザインがあります。ロング、セミロング、ショートと好きなデザインを選べます。病気になったことはとても残念なことですが、そんなことでめげずに今は病気になったことをチャンスと考えて、思い切りウィッグで楽しむ気持も、病気に打ち勝つ1つの方法ではないでしょうか。

健常者の場合は自分の毛髪があるので、ウィッグをかぶっても不自然になる場合もあります。しかし毛が生えていない状態なら頭にフィットするので、ヴィックをつけていると分からないほど。だからこそいろいろな冒険もできるし、楽しむことができるのです。

そんななかでもとても人気があるのが帽子用のヴィックです。いわゆる後頭部は毛が植わっておらずネットなどになっているタイプで、帽子をかぶってもがさばったり、蒸れたりせずにまるで本当の毛髪のように見えます。帽子をかぶっていると、とても可愛くなり、ウィッグに慣れるまでにはおすすめです。

また最近は軽い流れのある、おしゃれなデザインも人気です。人毛ならカールやブローもOK。上から見ても分け目の地肌部分もまるで本物のようなので、ウィッグと気付かれません。だから安心して付けることができるのです。最近はカラーのバリエーションも選べるようになっています。また特に女性などは頭頂部や分け目だけが薄くなってしまうという年齢からくる薄毛がありますが、それらにも対応できる部分ウィッグなども豊富なメーカーもあります。

医療用ウィッグの魅力

医療用ウィッグは今多くの人に利用されています。特に癌治療の生存率も高くなり、今では多くの癌治療者の間でも医療用ウィッグが大活躍です。医療用ウィッグの魅力の1つには、価格がとても安いということがあります。技術的な面や素材などは一般のウィッグと変わらないのに、医療用ウィッグはとても安価になっているのは、業界全体が病気で毛髪がなくなってしまった多くの人に医療用ウィッグを利用してもらいたいという精神から、低価格設定にしているからなのです。
また美容室に置いたり、広告宣伝をしないことなど、その分の経費も削減されています。医療用専門のメーカーや、どちらもやっているメーカーなどいろいろです。中には現在は一般ウィッグとしても人気のメーカーでも、もともとは医療用ウィッグ専門業者だったメーカーもあります。

ファッション用のウィッグに比べて毛の量が多くなっているのも特徴です。また脱毛状態のときには免疫が低下している場合も多いため、頭皮がとても敏感になっています。そのため頭皮に直接当たる部分は絹や綿などの自然素材を使用したり、インナーキャップを使用できるようになっているものもあります。このように医療用ウィッグはおしゃれ用より気配りがされている場合が多いとのこと。
サイズも大体50~52㎝、53~55㎝、56~59㎝、60~63㎝など細かく分かれているものが多く、ぴったり使用できるようになっています。そして最近は本当にさまざまなデザインが揃うようになり、おしゃれ用ウィッグと変わらない品揃えとなっているのも魅力です。